測量野帳

測量野帳が手放せない(2)「書き捨ててわかること」

書き終わって役目を果たした測量野帳が溜まってきたので、まとめて廃棄することにした。
そうして、それらを見返して見ると、よくわかることがある。

廃棄する測量野帳

躊躇なく捨てる

これまでも書き終えた測量野帳は、躊躇なく捨ててきた。
サルベージしたいものは、Day Oneに拾い上げたりするけれど、大部分はゴミのようなもの。
ベリベリに破り捨てて、ホイホイ捨てている。
しかし、そのゴミのようなものを書き綴っていること自体に喜びを感じるのだ。

書くことへの敷居

ユビキタス・キャプチャーのポイントに、書くことへの敷居を下げるというものがある。
パラパラ見返して見ると、こんなことまで書かなくていいだろうということまで書いてある。
それは、僕に書くことへの敷居を下げるということが身についた証でもある。
これまで様々な習慣は長続きしなかったし、ユビキタス・キャプチャーも必ずしも正確に実践できているとは言えないけれど、書くことへの敷居を下げるということだけは、確実に身についた。

アウトプットされたものは、とても知的な情報云々かんぬんと呼べる代物ではない。
せいぜい、この流行らないブログのネタがいいとこだ。
しかし、そのネタにもならないようなものの中に、重たいものも軽いものも同様に吐き出して、折り合いをつける僕の姿も見える。

ジャーナリングのようなことをやっているのかもしれないが、まあ、そのあたりの線引きは曖昧だ。
取り回しが良く、コスパに優れた測量野帳のおかげで、そうしたことは身につくようになったのだ。
そのおかげで、Day Oneも躊躇なく使えるようになった。
「これは書くもの、いやいや書いてもどうしようもないだろう」なんて選別自体がめんどくさいものね。
書きたいものは書けばいい。
それは、僕もやってしまう大量の落書きを含んでのことだけど。
高級ノートブックを前にすると、流石に「ヨソ行き」になっちゃうもんなぁ…

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチブック 40枚 10冊セット セ-Y3
コクヨ(KOKUYO) (2013-09-18)
売り上げランキング: 627

投稿者:

十一

橎堂十一 Reblogger in Tokyo「タフでクールで そしてヒューマンタッチ」TumblrにどっぷりDopeな「無色匿名」の男。アンプラグド・ブログを運営中。